30年前を思い出した音楽

ジノ・フランチェスカッティが弾く
ラロの「スペイン交響曲」を
○ピーしていただいたので聴く。

初めて「スペイン交響曲」を聴いたのは、
中学2年のヴァイオリンの発表会のとき。
高校3年の先輩が弾いているのを見て、
ああ、いつかこの曲を弾いてみたい!と思った。

そして、買ったミュージックテープが
フランチェスカッティの演奏だった。
おそらく、地方都市のレコード店にあったのは
その1種類だけだったと思う。
モノラルのラジカセで
何度も繰り返して聴いた。

だからこの演奏を聴くと、
中学2年のころの私と、
生まれてから高校1年まで過ごした家の
2階にあった私の部屋と、
ひんやり冷たい空気が
即座によみがえってくる。

その家は、実の父がひとりで死んだあとは
叔父が処分をしたのだろう。
今では砂利がひかれた駐車場になっている。
東北地方の気温も全体に高くなり、
あのころほど寒くはなくなったのではないか。

中学2年の、何にでもなれると思っていた私。
長いこと忘れていた
そのころの感覚を思い出せたことはよかった。

フランクの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」。
フランチェスカッティの演奏を
今回初めて聴いたが、
表現が、ずっしりと心に入ってくる。
ロベール・カサドシュのピアノもいい。
かなり気に入りました!

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる