スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実を見せつけられた日

今日は幼稚園の作品展だった。
今まで描いた絵や作った制作物を展示し、
親や祖父母に見てもらう、というものだ。

子どもが描いた絵。
作った作品。
明らかに、クラスのみんなと違う。
人物を描けず線ばかりだし、制作物はいびつだ。

うちは受給者証をもらっているため、
発達が遅れていることを幼稚園に伝えている。
そのため、補助の先生が割り当てられており、
普段は補助の先生がほぼ付きっきりで、
気乗りしない子どもと一緒に
制作をしてくれているらしい。

子どもの優れたところはもちろんある。
たとえば、記憶力や空間認識力。
様々な音を聞き取り、正確に再現する能力。
しかし、絵を描くことと何かを作ることは
とても苦手なようだ。

先日、障害のある子どもの就学相談会に参加してきた。
いろいろな選択肢はあるが、
やはり普通級は難しいかもしれない。
小学生になったら、私は仕事をもっと緩やかにして、
子どもの勉強を見たり心のケアをしたり
しないとならないかもしれない。

この子のよいところを徹底的に伸ばすしか、
イキイキと生きていく道はないのだろう。
それを感じた作品展だった。

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。