保育園が始まった

スマホより。

4月1日から保育園が始まった。
最初の4日間は10:30に迎えに行って
離乳食を食べさせたが、
それ以降は14:30のお迎え。
5月31日の職場復帰までに、
17:30のお迎えまで時間を延ばしていく。

初めは、状況がわからず、
預けられても目新しいおもちゃで
マイペースに遊んでいた子どもも、
最近は預けると泣くようになり、
せつない気持ちになる。

預けている間は、
家事を夫に頼れなくなったぶん、
超スピードで料理、掃除、洗濯、買い物、
離乳食の仕込み。
日記を買いたり育児書を読んだり。
かなりあわただしい。
やっぱり、楽器を弾く時間は
なかなか捻出できない。
子どもの機嫌がいいときに、
15~30分ぐらいが限度。

これで働き出したら、
家事も練習もできなくなる。
今だけの、ぜいたくな時間の使い方だ。

子どもを預けて働くというのは
自然なことなのだろうか。
保育士さんは言わないが、
預けている間、子どもはかなり
泣いているだろうと想像できる。
勇気づけられるたくさんの言葉を胸にして
新しい一歩を踏み出したが、
何が正解なのかいまだにわからない。

しかし、四六時中一緒にいたときよりも
ストレスが少なくなったことは確か。
そのぶん、子どもにやさしくなれる。
また、保育園でたくさん遊んで泣いて疲れるのか、
早い時間に寝ついてくれるようになった。

親も子も、新しい環境に戸惑いつつ、
少しずつ、少しずつ、慣れていくのだろう。

コメント

非公開コメント

No title

正解はないです。はい。

最近読んだ、”サイラス・マナー”に書いてありました。

説得力あります。

Re: No title

jojiさん、コメントをありがとうございました!

”サイラス・マナー”という本は知らなかったです。
興味深い本ですね。読んでみようかな。

そう、正解はないんですよねえ。
あるのは、自分と子どものオリジナルな関係だけ。
どうすればお互いが幸せなのか、
一生をかけて探っていくものなのかもしれませんね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる