同窓会

母校は創立100周年。
私のころは女子高だったが、現在は共学となっている。

地元では有名な進学校。
県内で学校の先生をしている人もたくさんいるが、
同窓生たちは、私よりもずっといい大学に進学し、
アナウンサーになっていたり、
ある大臣の奥さまになっていたり、
世界中で活躍していたり。

垢ぬけない地方都市で、
お化粧もせず、野暮ったい制服を着て
ふっくらした顔や体形で学んでいた私たち。

出会って30年、卒業して28年。
45~46歳の彼女たちはみな、
イキイキとした美しい表情をしていた。
4か月の子どもを連れて同窓会に出たのだが、
「初産?がんばったねえ」
「赤ちゃんってこんなだったっけ?」
「これからが楽しみだねえ」
などなど、知っている人も知らない人も
声をかけてくれた。

高校時代、生徒会の議長団をしていたり、
吹奏楽部でトランペットを吹いていたり、
クラス対抗の合唱コンクールで指揮をしたり、
市のジュニアオケでコンミスをしていたり、
タウン誌の「お嫁さんにしたい人No.1」に選ばれたり、
県の吹奏族の実行委員をしたりしていた私は、
あのころの地元ではちょっと目立つ存在だった。

今の私とは大違い。
根拠のない自信であふれていたっけ。
でも、心のよりどころとして
あの高校時代を忘れてはいけない。
この仲間たちと過ごした日々は大切にしたい。
そう実感した、心温まる同窓会だった。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる