スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ悩みを抱える人は多いはず

携帯より。

もう産めないと見切りをつければ
こんな気持ちにならないのだろうと思いつつ。

毎月のがっかり感。
他人のおめでたい話を
複雑な気持ちで受け止める。

そして同世代のお子さんたちは、
もう中学生や高校生。
会話に混ざれない。

高いお金を出して
不妊治療をした方がいいのか。

あと5か月ちょっとで45歳。
もう時間との戦い。
神頼みもしたし、
2人仲良く暮らしているのに。

コメント

非公開コメント

縁かもしれませんが

知り合いに何人もいますが、養子というのも一つの選択かと思います。「花の慶次」で有名な前田慶次郎も養子でした。桃太郎も川で選択をしていたおばあさんが拾ってきたからある意味養子ですね。ちなみに宮本武蔵も養子がいて、その子が優秀だったので武蔵が細川家に仕官するときに尽力してくれたとか。
子が親のドラマを引き継いでくれるのは間違いないところだと思います。

Re: 縁かもしれませんが

トキさん

コメントをありがとうございます。
それもひとつの選択肢だと思っています。
でも、最終手段ですね。

私も、父とは血がつながっていません。
そのために、いろいろと面倒なこともありました。
だから、できれば私たちの子どもが
ほしいなと思っています。。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。