スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇想天外な世界

先日、会社がある商業施設で
「電子書籍幻想」というセミナーを聴いた。

そのお話をしてくださった方が
新潮社『考える人』の編集長だったこともあり、
セミナーが終わったあとに書店に寄り、
その季刊誌を購入した。

今号の特集は、
「福岡伸一と歩くドリトル先生のイギリス」。
毎日の仕事について悩んでいた時期でもあり、
「これは買うべきだ」という直感が働いた。

福岡伸一さんは、以前、同じ場所で行われた
セミナーに参加して以来の大ファンだったが、
季刊誌を読むにつれ、
「あ、私の感覚に似ている!」という思いが
強くなった。
以前、レイチェル・カーソンの感覚が
自分に似ていると思ったときと同じように。

そして、『ドリトル先生航海記』が読みたくなって
購入。
これはもう文句なしに私が好きな世界。
どうしてこれを
子どものときに読まなかったんだろう?

私は、地球に生きるいろいろな生き物が好き。
みんな一緒に生きていきたいと思う。
だから、この奇想天外な世界は私の理想なのだ。
物語にこそしないけれど、毎日考えている
(たまに夫には話す)変な世界かもしれない。

毎日毎日、勤務時間を確保することばかり、
3か月サイクルの目標と評価を考えてばかりの生活。
これはやっぱり、私の歩きたい道ではない。
そう感じることのできた、書物との出会いだった。

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。