バッハとお寺と月と桜

お寺と月と桜

もう何度も書いていることだが、
私はどうしようもなく心がつらいとき、
J.S.バッハの「マタイ受難曲」の第65番
「mach dich mein Herze,rein」を聴く。
何度も何度も繰り返して聴く。

心がつらい原因はいろいろあるが、
根幹を考えると、
私が誰かにとっていちばんの存在ではなく
かまわれない、ということになるのかもしれない。
さびしいのかもしれない。

曲を聴きながら歩くと、近所のお寺の朱門に
濃藍の空、月、桜。
美しいとり合わせに、ふと心が軽くなった。

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる