救急外来にて

昨日、あることで救急外来に行った。

待合ロビーには、次々と人が訪れる。
頭を押さえたままの年配の女性、
タオルケットにくるまれて横たわる男の子とその兄弟・母親、
泣きやまない赤ちゃんを抱えた母親、
車椅子に乗せられた老父と付き添いの娘。

そこには人生が凝縮されていた。
子どもができることも、無事に生まれることも
なかなか難しいことだけれど、
生まれたら生まれたで
病気にかかったりして手がかかる。

老いればあちこちにガタがくる。
「この病院でこの科もかかれば、5科目になるねえ」
と、前述の親子は笑い話にしていた。

そこで感じたのは、
「自分だけではどうしようもないことがある、
 ということを受け入れて生きる」
ということ。

親になるとはそういうこと。
親の世話をするとはそういうことだ。

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる