スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のこと、仕事のこと

このブログは私の心の中を正直に書いているので、
弱音もたくさん吐く。
それを読んで「女々しい」と言う人もいるけれど、
やっぱりここにしか書けないので
書くことにする。

取りつくろった、いつも元気で明るい私を知りたいなら、
TwitterやらFacebookやら別アカウントのmixiやらで
つながってください。

-------------------
父の病気は、胸部大動脈瘤と狭心症だった。
難しい手術らしい。
そのため、夫婦以外の家族にも説明をしたいと
言われたそうだが、仕事の山場を迎えている今、
平日に休みはとれそうにないので、
母だけが説明を聞きに行くことになった。

私と父は血のつながりはないが、
中学3年ぐらいからずっと知っている人である。
大学の学費も出してくれた。
故郷の熊本を離れ、
東北地方のある都市で自分の会社を興し、
地元の有力者として、政治家や役人とパイプを作り、
後進の指導にあたっていた。
オリジナリティあふれる、独特な存在である。

とても恩を感じている。
だから、ずっと長生きしてほしいし、
もし可能ならば、もう一度、
親を喜ばせる報告がしたい。

----------------
最近、仕事とは、自分がどれだけ
覚悟ができるかなんじゃないかなと思っている。
私は今の仕事(というか取り扱っている商材)が
全く好きになれなくて、
そのために、いつも及び腰でいる。

これが、私がやりたいと思っている教育分野とか
社会的に意義がある政治分野とかだったら、
取り組み方も腹のくくり方も違ってくる。

要するに、社会人の大部分は
「これは仕事なんだから!」と腹をくくれる。
しかし、絵本作家の友だちとか
自然教育に従事している仲間とか
自分で起業した方々などは、
「自分が心底好きなものじゃなきゃ腹なんてくくれない」
と思っている。
そして、どちらかと言ったら私は後者なのだ。
--------------

さて、母がちょっと心配である。
万が一、母がひとりになってしまったら
どうするのだろう。
八王子の姉の家族と一緒に住むのか、
ひとりで地元に残るのか。
そういうことに直面する年齢なんだな。

そして、自分の体も実は不安だったりする。
インターネットの仕事は、目と精神を酷使する。
男性はいいかもしれないけれど、
私ぐらいの年齢の女性には本当にキツイ。

再検査は6か月後だから、2月か。
私はまだ、子どもが産める女性でいたい。
大切な人のためにも、心からそれを願う。
だから、好きでもない仕事のために
自分の体をボロボロに酷使するのは、
本当にいやなのですよ。

コメント

非公開コメント

確かに読むと「大丈夫か」と思うことはありますね
楽しいこともちゃんとあるのでしたらよかったです

Re: タイトルなし

そうですね、ようやく楽しいこともあるようになりました。
奇跡に感謝しています。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。