明るいほうへ

今日は右目がつらくて21:30には帰宅した。
最近太ったので、最寄駅の一駅手前で降りて
20分弱歩いて帰った。

歩いているうちに、
右目の見え方が治らないこと、
まだ子どもがほしいと思っていること、
そのほかいろいろな体力・気力のことを考えてしまい、
涙がこぼれてしまった。

彼にとって私は大切な人だと信じているけれど、
タイムリミットぎりぎりの女性と一緒にいて
本当に幸せなんだろうか、ということも頭をよぎる。
いや、そんなことは絶対にない。
そう固く深く信じる。

ものすごく給料が安いのに、
目を酷使する長時間労働をしている。
母がせっかく積み立ててくれていた貯金を切り崩して
なんとか生活をしている。
この歳で、年収400万円(手取り)。
転職3回の平社員の給与はそんなものだ。
それだけの能力しかないと思われているのだから。

少し太ったという負い目もあり、
帰宅して何も食べずに水を飲んでいる。

それでもがんばって、
明るいほうへ明るいほうへ、進んでいかなければ。
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる