スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇想天外な世界

先日、会社がある商業施設で
「電子書籍幻想」というセミナーを聴いた。

そのお話をしてくださった方が
新潮社『考える人』の編集長だったこともあり、
セミナーが終わったあとに書店に寄り、
その季刊誌を購入した。

今号の特集は、
「福岡伸一と歩くドリトル先生のイギリス」。
毎日の仕事について悩んでいた時期でもあり、
「これは買うべきだ」という直感が働いた。

福岡伸一さんは、以前、同じ場所で行われた
セミナーに参加して以来の大ファンだったが、
季刊誌を読むにつれ、
「あ、私の感覚に似ている!」という思いが
強くなった。
以前、レイチェル・カーソンの感覚が
自分に似ていると思ったときと同じように。

そして、『ドリトル先生航海記』が読みたくなって
購入。
これはもう文句なしに私が好きな世界。
どうしてこれを
子どものときに読まなかったんだろう?

私は、地球に生きるいろいろな生き物が好き。
みんな一緒に生きていきたいと思う。
だから、この奇想天外な世界は私の理想なのだ。
物語にこそしないけれど、毎日考えている
(たまに夫には話す)変な世界かもしれない。

毎日毎日、勤務時間を確保することばかり、
3か月サイクルの目標と評価を考えてばかりの生活。
これはやっぱり、私の歩きたい道ではない。
そう感じることのできた、書物との出会いだった。
スポンサーサイト

偶然の重なり

先日ユトリロ展を観て、
そのふちどりの仕方に
ふと熊谷守一の絵を思い出した。

そして、先日社員大会の後に訪れた
ずっと前から気になっていた松丸本舗
偶然『無欲越え 熊谷守一評伝』という本を見つけ、
その内容と本の美しさに心惹かれ、購入。

自分の生き方について
何かヒントが見つかる気がして、
濡らさないように注意しながら
半身浴のときに読んでいる。

こういう出会いは興味深い。

読みながら大きく頷いてしまう本

いま読んでいる本がたいへん興味深い。

自分の仕事をつくる』西村佳哲著

仕事のことで悩んでいるとき、
オフィスのある建物の3階にある
インテリアショップをのぞいたら、
平積みされていた。

タイトルだけ見ると「どうかなー」と思ったのだが、
パラパラと中身を見ているうちに
「この方の価値観は私に近いかも!」と感じ、
財政的にキビシイことも忘れて購入。

自分の価値観や感覚を大事にして
本物の仕事をしている方々を紹介するとともに、
著者の思いが語られる。

自然物に人が癒しを感じるのは美しいからだけではない、
そこには嘘やごまかしが一切ないからだ。
うん、うん、そのとおり!
そして、私が以前ブログに書いた
ミヒャエル・エンデの言葉も引用されている。
あ、私と同じところに心が引っかかっているんだな!

まだ最後まで読みきれていないのだが、
この本と出合えて、心からよかったと思う。

昨日の夜、クラシックのDVDを観ていて思った。
400年も前に作られた曲を、美しいと思う。
ヴァイオリンは、昔と同じように弾かれ、
20年前の演奏に感銘を受ける。
この人たちの仕事は本物だ。
人の心にいつまでも残り続ける。

一方、私が今、あるサイトを作ったとしても、
次のリニューアルのときには
それは跡形もなく消え去っている。
どんどん消費されて消えていく、はかない仕事だ。

一戸建ての家を借りて、子どもたちに
自然や、音楽や、絵や、料理や、生活の仕方を
教えられたらいいのに。
なんてことを思っています。

おもしろい本の発見と発熱

昨日ようやく、福岡伸一さんの『動的平衡』を読み終えた
(いろいろな本を併読しているので、
 読み終えるまでに時間がかかるのだ)。

この本の内容は興味深いことばかりだったが、
最後のほうに、ライアル・ワトソンの
『エレファントム』という本のことが書かれていた。
私の大好きな、伊藤若冲の絵とともに。

「耳を澄ませよう、自然は歌と真実に満ちている」
そのメッセージとともに書かれていた内容に
深く共感した。
私の好きな世界である。
次は絶対に『エレファントム』を読もうと決意。

さて、実は昨日からノドが腫れ、発熱。
今日はやることがいっぱいの日だとわかっていたが、
身体が動かず、やむなく会社を休んだ。
昨日の22時から今日の18時まで、ほとんど眠っていた。
しかしまだ治らないので、また寝ようと思う。
こんなにひどい風邪は、3年ぶりだ。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

Fuchur

Author:Fuchur
幸いの竜フッフールのように希望を持って生きたい、丙午の人。

■自然が好き(動物・鳥・虫、植物、宇宙、天然石)
■音楽が好き(アマチュアヴァイオリン弾き)
■美術が好き(デッサンを習っていました)

FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。